[本文へジャンプ]

【フラット35】維持保全型(利用要件)

【フラット35】維持保全型は、次の(1)から(6)までのいずれかに該当する住宅が対象となります。(当該利用要件については、【フラット35】の物件検査において確認します。)

*2022年4月以降に適合証明書の交付を受けるものが対象となります。ただし、(1)長期優良住宅または(4)安心R住宅の場合で、2022年3月以前に機構が定める技術基準に適合していることが確認でき、2022年4月以降に融資実行されるものは、【フラット35】維持保全型の対象となります。

* 2022年4月以降に適合証明書の交付を受けるものが対象となります。ただし、(1)長期優良住宅または(4)安心R住宅の場合で、2022年3月以前に機構が定める技術基準に適合していることが確認でき、2022年4月以降に融資実行されるものは、【フラット35】維持保全型の対象となります。

物件検査について