[本文へジャンプ]

 

新築戸建住宅の場合のポイント
 
・2022年10月から【フラット35】S(ZEH)が創設されました。
・「ZEH」および「長期優良住宅」に適合していれば、【フラット35】S(ZEH)および【フラット35】維持保全型に該当し、当初10年間の金利引下げ幅が年▲0.5%と最大になります。
 
商品説明動画「新築戸建住宅編」はこちらからご覧いただけます。
 

 

新築マンションの場合のポイント
 
・2022年10月から【フラット35】S(ZEH)が創設されました。
・「ZEH」および「予備認定マンション」に適合していれば、【フラット35】S(ZEH)および【フラット35】維持保全型に該当し、当初10年間の金利引下げ幅が年▲0.5%と最大になります。
※「ZEH」および「長期優良住宅」に該当する場合も、当初10年間の金利引下げ幅が年▲0.5%と最大になります。
 
商品説明動画「新築マンション編」はこちらからご覧いただけます。
 

 

中古住宅の場合のポイント
 
・【フラット35】S(金利Bプラン)の手すりの設置基準は2022年9月末で廃止になりました。
・開口部が複層ガラスなど断熱性が高い住宅は、これまでの【フラット35】S(金利Bプラン)が適用になります。
※中古住宅の場合でも【フラット35】Sと【フラット35】維持保全型を併用することができ、既存住宅売買瑕疵保険付保住宅またはインスペクション実施住宅(劣化事象等がないこと)であれば、さらに金利引下げの適用になります。
 
商品説明動画「中古住宅編」はこちらからご覧いただけます。
 

 

中古住宅の購入+リフォームの場合のポイント
 
・以下の(1)~(3)の要件を全て満たすと【フラット35】リノベの金利引下げをご利用いただくことができます。
※(1)~(3)の全てに該当しない場合でも、中古住宅の購入に併せてリフォーム工事を実施するときには、金利引下げのない【フラット35】リノベをご利用いただけます。
(1)中古住宅の購入とあわせて、一定の要件を満たすリフォームを実施すること
(2)(1)で実施する工事全体の費用が、工事費の要件に適合すること
(3)中古住宅の維持保全に係る措置がとられていること
・【フラット35】リノベ(金利Aプラン)の基準を満たすことで、当初10年間の金利引下げ幅が年▲0.5%と最大になります。
 
商品説明動画「中古住宅の購入+リフォーム編」はこちらからご覧いただけます。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。