[本文へジャンプ]

融資手続 - お客さまが中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合(リフォーム一体タイプ)

融資手続

(注)上記は、一般的な手続の流れを示しています。
 

ご注意

リフォーム工事完了後に【フラット35】および【フラット35】リノベの技術基準に適合していない場合は、【フラット35】リノベの資金のお受取りはできません。
リフォーム工事完了後に【フラット35】および【フラット35】リノベの技術基準に不適合となるリスクを軽減するため、原則3回の物件検査を行い、【フラット35】および【フラット35】リノベの技術基準への適合状況を適合証明機関による検査で確認します。

借入申込み/審査結果のお知らせ

【フラット35(リフォーム一体型)】の取扱金融機関にお申込みください。
※【フラット35】の取扱金融機関であっても【フラット35(リフォーム一体型)】を取り扱っていない金融機関があります。

【フラット35(リフォーム一体型)】取扱金融機関一覧PDF[2ページ:177KB]

通常の申込書類に加えて、次の書類の提出が必要となります。

(参考)お申込みにあたっての共通書類

審査結果のお知らせ(お申込みから1~2週間程度)

事前確認

リフォーム工事前の中古住宅の現況について、【フラット35】の技術基準への適合状況および【フラット35】リノベの技術基準(一定のリフォーム工事を実施することで【フラット35】リノベ(金利Bプラン)の対象となる基準を除きます。)に適合していないことを適合証明機関が事前に確認します。
適合証明機関が発行する「事前確認(物件売買時)に関する通知書[金融機関提出用]」などをつなぎ融資の実行まで(つなぎ融資を利用しない場合は取扱金融機関が定める時期まで)に取扱金融機関に提出してください。

中古住宅の代金決済

【フラット35】リノベの資金のお受取りは適合証明検査後(リフォーム工事完了後)となります。
中古住宅の代金決済やリフォーム工事費の分割払いの際に、つなぎ融資が必要な場合は、取扱金融機関にご相談ください(「つなぎ融資」は取扱金融機関等のローンです。)。

(リフォーム工事前)リフォーム工事計画の確認

リフォーム工事に関する計画図書等により、 【フラット35】および【フラット35】リノベの技術基準に適合する工事計画となっていることを、適合証明機関が確認します。

リフォーム工事

(リフォーム工事後)適合証明検査

リフォーム工事完了後に、【フラット35】および【フラット35】リノベの技術基準に適合していることおよびリフォーム工事が適正に実施されていることを適合証明機関が現地調査等により検査します。
適合証明検査の際、リフォーム工事を実施した全ての箇所について、リフォーム工事の実施前と実施後の写真を提出していただきます。
金銭消費貸借契約手続時までなど、取扱金融機関の定める時期までに適合証明機関が発行する適合証明書[金融機関提出用]を提出してください。

借入れの契約/資金実行/リフォーム工事の代金決済

お客さまと取扱金融機関との間で、借入れの契約を行っていただき、資金をお受取りいただきます。同時に抵当権設定手続も行っていただきます。

ご入居

【フラット35】リノベの技術基準・
物件検査のお問合せ

【フラット35】リノベ技術サポートダイヤル

営業時間:9:00~17:00
(土日、祝日、年末年始は休業)

0120-689-520

利用できない場合(国際電話など)は、次の番号におかけください。
電話:03-5800-8163(通話料金がかかります。)

融資制度など左記以外のお問合せ

お客さまコールセンター

営業時間:9:00~17:00
(祝日、年末年始を除き、土日も営業)

0120-0860-35

利用できない場合(国際電話など)は、次の番号におかけください。
電話:048-615-0420(通話料金がかかります。)