[本文へジャンプ]

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型の利用手続の流れ

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型の利用手続の流れ

(注)上図は、一般的な手続の流れを示しています。金融機関、地方公共団体および適合証明機関における手続の順序は問いません。ただし、【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書および【フラット35】適合証明書は、借入れの契約時までに金融機関へ提出する必要があります。

※1 借入申込みは、【フラット35】の取扱金融機関となります。

※2 「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」の交付手続が可能な地方公共団体については、こちらをご覧ください。

※3 適合証明機関は、検査機関または適合証明技術者(中古住宅購入の場合のみ)となります。

※4 取扱金融機関によって、事前審査を実施していない場合があります。事前審査は仮審査であり、借入申込後の正式な審査結果を約束するものではありません。

※5 借入申込みに当たっては、金融機関の指定する申込関係書類に加えて、【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用希望の申出書を提出する必要があります。詳しくは、お申込みを希望する取扱金融機関にご確認ください。
【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用希望の申出書(買取型)[1ページ:160KB]

※6 補助金の交付などは、各地方公共団体の制度に基づき、地方公共団体が実施するもので、入居後に実施される場合もあります。