[本文へジャンプ]

  • ホーム
  • 資料請求
  • 【フラット35】 ・【フラット35】 S・【フラット35】維持保全型 中古住宅技術基準・物件検査手続のご案内

 更新日:2022年10月21日

中古住宅で適合証明書を取得する場合の手続について説明したパンフレットです。

個別ページのダウンロード

ご注意

<令和4年10月3日>
原則として、2022年10月1日以降の適合証明検査申請分より【フラット35】S(ZEH)をご利用いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。

【フラット35】Sの技術基準を変更しました。また、【フラット35】S(中古タイプ)の技術基準を廃止しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

ご注意

<令和4年4月1日>
2022年4月の適合証明書交付分より、【フラット35】維持保全型がご利用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

ご注意

<令和元年10月1日>
令和元年10月1日借入申込受付分から、中古住宅の「適合証明書」の取得を省略できる物件を拡大します。

詳しくはこちらをご覧ください。

ご注意

<平成30年10月1日>
平成30年10月1日借入申込受付分から中古住宅の「適合証明書」の取得を省略できる物件を拡大します。

【フラット35】制度変更(適合証明省略)のお知らせPDFファイル[1.2MB]

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。