ページトップ

[本文へジャンプ]

印刷用ページ

フラット35ホーム > 【フラット35】を借りる > 【フラット35】のご案内 > 【フラット35】のご利用条件 > 融資率とは

ページ本文

融資率とは

【フラット35】をご利用いただく場合の融資率

【フラット35】をご利用いただく場合の「融資率」とは次の式により算出されます。
融資率= 【フラット35】のお借入額
住宅の建設費または住宅の購入価額

・「住宅の建設費」とは、お借入れの対象となる住宅の建設に要する費用で、請負契約書に記載された請負金額をいいます。また、住宅の建設と併せて購入した土地がある場合は、土地の取得に要した売買金額(借地権を取得するための費用を含みます。)と請負金額との合計額をいいます。
・「住宅の購入費」とは、お借入れの対象となる住宅の売買に要する費用で、売買契約書に記載された売買金額をいいます。また、住宅の購入に付随して新たに土地または借地権を取得するための費用を含みます。
融資率(9割以下・9割超)に応じて、お借入金利が異なります。
融資率が9割を超える場合は、融資率が9割以下の場合と比較して、ご返済の確実性などをより慎重に審査させていただくとともに、お借入額全体の金利を一定程度高く設定させていただきます(お借入金利は、取扱金融機関によって異なります。)。
融資率にかかわらず「融資率9割以下」のお借入金利を適用する場合
次のいずれかにあてはまる場合は、融資率にかかわらず「融資率9割以下」のお借入金利を適用します。
 ① 借換えのための【フラット35(買取型)】をお申込みされる方
 ② 平成24年3月31日までに借入のお申込みをされた方
 ③ 平成24年10月31日までに【フラット35】Sエコ(金利Aプランまたは金利Bプラン)で借入のお申込
  みをされた方
 ④ 中古住宅特例融資(取扱金融機関のみ)をご利用される場合で、お借入額が「中古住宅購入価額とリフォ
  ーム工事費の合計額」の9割以下であるとき

【フラット35】と【フラット50】を併せてご利用いただく場合の融資率

【フラット35】と【フラット50】を併せてご利用いただく場合の「融資率」とは次の式により算出されます。
融資率= 【フラット35】と【フラット50】のお借入額の合計
住宅の建設費または住宅の購入価額

・「住宅の建設費」とは、お借入の対象となる住宅の建設に要する費用で、請負契約書に記載された請負金額をいいます。また、住宅の建設と併せて購入した土地がある場合は、土地の取得に要した売買金額(借地権を取得するための費用を含みます。)と請負金額との合計額をいいます。
・「住宅の購入費」とは、お借入の対象となる住宅の売買に要する費用で、売買契約書に記載された売買金額をいいます。また、住宅の購入に付随して新たに土地または借地権を取得するための費用を含みます。
融資率(9割以下・9割超)に応じて、お借入金利が異なります。
融資率が9割を超える場合は、融資率が9割以下の場合と比較して、ご返済の確実性などをより慎重に審査させていただくとともに、お借入額全体の金利を一定程度高く設定させていただきます(お借入金利は、取扱金融機関によって異なります。)。
融資率にかかわらず「融資率9割以下」のお借入金利を適用する場合
次のいずれかにあてはまる場合は、融資率にかかわらず「融資率9割以下」のお借入金利を適用します。
 ① 平成24年3月31日までに借入のお申込みをされた方
 ② 平成24年10月31日までに【フラット35】Sエコ(金利Aプランまたは金利Bプラン)で借入のお申込
   みをされた方
 ③ 中古住宅特例融資(取扱金融機関のみ)をご利用される場合で、お借入額の合計額が「中古住宅購入価額
  とリフォーム工事費の合計額」の9割以下であるとき 
ご注意「【フラット35】と【フラット50】のお借入額の合計」が「住宅の建設費または住宅の購入価額」の9割を超える場合、【フラット35】及び【フラット50】のそれぞれの金利が、「融資率が9割を超える場合の金利」となります。

【フラット35】のご利用条件に戻る

ページ先頭へ