[本文へジャンプ]

【フラット20】とは、【フラット35】のうち15年以上20年以下の借入期間を選択していただく場合をいいます。【フラット35】Sを利用することでさらに金利が一定期間引き下げられます!

※ 20年以下の借入期間を選択した場合、原則として、返済途中で借入期間を21年以上に変更できません。

(注) は【フラット35】Sがご利用いただけることを表しています。

【フラット20】の特徴

より低い金利での借入れが可能に

より低い金利での借入れが可能に

借入期間が20年以下の最頻金利は、借入期間が21年以上35年以下の最頻金利よりも低くなります。

※ 最頻金利とは、取扱金融機関が提供する最も多い金利です。

総返済額が大幅に低下

総返済額が大幅に低下

借入期間が21年以上35年以下の場合と比べて総返済額を低く抑えることができます。

こんな方に向いています!

  • より低い金利で借入れしたい方
  • 返済期間を短くしたい方
  • 毎月の返済に余裕がある方
  • 計画的に繰上返済したい方

ご利用条件

申込要件、借入対象となる住宅など、ご利用条件の詳細をご確認いただけます。

融資手続・必要書類

融資手続の流れと必要書類をご確認いただけます。

対象となる住宅・技術基準

ご利用の流れ詳しく見る

住宅を建設する場合の手続き 新築住宅を購入する場合の手続き< 中古住宅を購入する場合の手続き

STEP1

「金融機関」と「商品タイプ」を選ぶ

STEP2

資金計画を立てる

ご契約者さまの声ご契約者さまの声一覧へ

ファイナンシャルプランナーが解説「【フラット20】の活用方法」

高田晶子先生
【フラット20】をご存知ですか? 返済期間が20年以下なら返済期間21年以上の【フラット35】よりもより低い金利で借り入れることができるのです。【フラット20】の活用方法をご紹介します。
(解説:ファイナンシャルプランナー 高田晶子)

【フラット20】と組合せできるオプション・特約、商品

【フラット35】S

【フラット20】 をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅を取得される場合に、借入金利を一定期間引き下げる制度です。

家賃返済特約付き【フラット35】

将来返済が困難となったとき、一定の条件に該当する場合には、返済方法変更の特例により償還期間を延長して割賦金を減額した上で、住宅を住宅借上機関に賃貸し、その賃料を住宅金融支援機構が直接受領してお客さまの返済に充てるという内容の特約を【フラット20】の借入時に設定するものです。

フラット35パッケージ

「全期間固定金利型」の【フラット20】と「固定金利期間選択型」または「変動金利型」の住宅ローンを金融機関が一体的に融資する商品です。

【ダブルフラット】

将来の返済負担の軽減を主な目的として、【フラット35】・【フラット20】を2つ組み合わせてご利用いただく商品です。

よくある質問

もっと見る

【フラット35】のご案内パンフレット

【フラット35】のご案内パンフレットを電子カタログ及びPDFファイルでご用意しています。また、Webや電話での資料請求も受付けております。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。