[本文へジャンプ]

親子リレー返済とは、お子さま等、一定の条件を満たす方を後継者として、2世代で返済する制度です。後継者の年齢をもとに借入期間を算出するため、借入期間を長くすることができます。

親子リレー返済の後継者の要件

次の1~3の全ての要件に当てはまる方ひとりが対象となります。
  1. 申込みご本人の子・孫等(申込みご本人の直系卑属)またはその配偶者で定期的収入のある方
  2. 申込時の年齢が満70歳未満の方
  3. 連帯債務者になる方(1名のみとなります。)

※申込みご本人の年齢にかかわらず、後継者の申込時の年齢をもとに借入期間をお選びいただけます。

(例)申込時に、申込みご本人が60歳3か月、後継者が30歳3か月の場合

 ・親子リレー返済を利用しない場合の借入期間:80歳-61歳=19年
 ・親子リレー返済を利用する場合の借入期間:80歳-31歳=49年 
  → 35年(最長)