[本文へジャンプ]

生活の拠点としている現在のお住まいの他に、週末などにご自分でご利用(居住)する住宅を取得する際にもフラット35がご利用いただけます。
ご利用いただける方、対象となる住宅、融資額、融資期間等のご融資の条件は、お申込みいただくご本人がお住まいになる住宅の場合と同じです。


注意事項

  • セカンドハウスを取得するための【フラット35】(機構または旧住宅金融公庫の直接融資を含みます。)を二重に借り入れることはできません。
  • 賃貸するための住宅にはご利用いただけません(詳しくはこちらをご覧ください。)。
  • 機構財形住宅融資との併用はできません。
  • 住宅ローン控除はご利用いただけません。
  • 金融機関によっては取り扱っていない場合があります。