[本文へジャンプ]

  • 借入れを
    ご検討の方
  • 借換えを
    ご検討の方
  • お申込み
    いただいた方
  • ご返済中
    の方
借入れをご検討の方

【フラット35】は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利の住宅ローンです。
資金の受取時に返済終了までの借入金利と返済額が確定するため、長期にわたるライフプランが立てやすくなります。

借換えをご検討の方

【フラット35】借換融資は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して、みなさまに提供している全期間固定金利住宅ローンです。

お申込みいただいた方

【フラット35】のお申込みからご融資までの手続でご活用ください。

ご返済中の方

住宅ローンをご返済中のお客さまの借入金残高照会や一部繰上返済などの各種お手続方法をご案内します。

 脱炭素社会の実現に向け、住宅の省エネ性能の向上を促進するため、【フラット35】S等の省エネルギー基準を変更しました。また、2023年4月以後、【フラット35】のすべての新築住宅は省エネ基準への適合が必須になりました。この基準変更に関連して、ZEHや国が定める住宅の省エネルギー基準等、関連する技術情報についてご紹介します。

 更新日:2023年11月6日

省エネルギー基準とは

 平成28年度に「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(通称 建築物省エネ法)が制定され、平成29年4月1日より施行されました。

 住宅の省エネルギー性能の評価方法としては、以下の2つを用います。

・住宅の窓や外壁などの外皮性能を評価する基準(断熱等性能等級4と同水準)
・設備機器等の一次エネルギー消費量を評価する基準(一次エネルギー消費量等級4と同水準)

【フラット35】での取り扱い

省エネルギー基準の要件化(2023年4月改正)

 2023年4月設計検査申請分から、【フラット35】S等の金利引下げメニューの適用の有無に関わらず、すべての新築住宅において、基準を満たすことが必要となります。
*  この基準は、新築住宅を取得される際に【フラット35】をご利用になる場合、【フラット35】S等の金利引下げメニューの提供有無にかかわらず、すべての新築住宅に適応されます。
*  2023年4月以降の設計検査申請分から対象となります。(設計検査を省略する場合は、設計住宅性能評価書の申請分または長期優良住宅に係る技術的審査の申請分)
*  2023年4月1日以降に設計検査の申請を行う住宅であっても、建築確認検査を受けた日(建築確認検査不要な住宅は着工日)が2023年3月31日以前の場合は、従前の基準(断熱等性能等級2相当)を適用できます。

地域別の省エネ技術基準の要件化に関する詳細はこちらのチラシでご確認ください。

対象地域(地域の区分一覧はこちら [4ページ:292KB])
1地域・2地域[2ページ:1MB]
3地域[2ページ:1MB]
4地域[2ページ:1MB]
5地域・6地域・7地域[2ページ:1MB]
8地域[2ページ:1MB]

省エネルギー基準の適合証明手続のポイント

【フラット35】の適合証明手続について、ポイントをまとめた資料です。

[1MB]
【フラット35】省エネ技術基準の適合証明手続のポイント[1MB]

【フラット35】S(省エネルギー性)の基準の強化(2022年10月改正)

 2022年10月1日より、【フラット35】S(省エネルギー性)の基準を強化しました。
 【フラット35】Sの技術基準はこちらからご覧ください。
2022年10月及び2023年4月の制度改正事項の詳細はこちらからご覧ください。

2022年度10月・2023年度4月以降の制度変更事項

仕様で省エネ基準を満たす

省エネオンライン講座・仕様基準ガイドブック

 国土交通省ホームページより、地域別の省エネ基準に関するオンライン講座の受講および仕様基準ガイドブックをご覧いただけます。
建築物省エネ法について(国土交通省ホームページ)(新規ウィンドウで表示します)
地域 オンライン講座・仕様基準ガイドブック(国土交通省ホームページ)
1~3
地域

オンライン講座(新規ウィンドウで表示します)
(約30分)

ガイドブック(新規ウィンドウで表示します)
4~7
地域

オンライン講座(新規ウィンドウで表示します)
(約30分)

ガイドブック(新規ウィンドウで表示します)
8地域 8地域のオンライン講座は
ありません

ガイドブック
資料ライブラリー>仕様基準ガイドブック>省エネ基準編よりご確認いただけます。

省エネ基準集

 「【フラット35】対応 省エネルギー性 技術基準」(省エネ基準集)を作成しました。
 この基準集は、2022年11月改正の省エネ仕様基準・誘導仕様基準を掲載しています。

[1MB]
【フラット35】対応省エネルギー性技術基準[2023年4月][1MB]

※【フラット35】の設計検査を申請する場合は、以下のご案内を併せてご確認ください。

計算で省エネ基準を満たす

 次のルート等によって確認することができます。

標準計算ルート(外皮)・・・パソコン等で行う精緻な評価方法
 外皮計算シート(Excel)(住宅性能評価・表示協会ホームページ)(新規ウィンドウで表示します)

簡易計算ルート(外皮・一次エネルギー)・・・パソコン等で行う簡易な評価方法
 住宅に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム(国立研究開発法人建築研究所ホームページ)(新規ウィンドウで表示します)

モデル住宅法(外皮・一次エネルギー)・・・手計算で行う簡易な評価方法
 簡易計算シート(国立研究開発法人建築研究所ホームページ)(新規ウィンドウで表示します)

外部リンク

建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報(国立研究開発法人建築研究所ホームページ)(新規ウィンドウで表示します)
 エネルギー消費性能の算定方法に関する情報、一次エネルギー消費量の計算プログラムを掲載。

建築物省エネ法について(国土交通省ホームページ)(新規ウィンドウで表示します)
 建築物省エネ法の最新情報や法令、オンライン講座、各種テキスト、チラシ等を掲載。

省エネルギー基準FAQ (建築環境省エネルギー機構ホームページ)(新規ウィンドウで表示します)
 外皮基準の計算や一次エネルギー消費量計算に関するよくある疑問を掲載。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。