しあわせは、住まいから生まれる。
備えて、任せる、修繕積立金【マンションすまい・る債】

多彩なメニューで様々な住宅取得のニーズにお応え

ずっと固定金利の安心【フラット35】

【フラット35】は民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してご提供する全期間固定金利型住宅ローンです。ずっと固定金利の安心【フラット35】では、多彩なメニューをご用意し、あなたの住宅取得をバックアップします。

【フラット35】は第三者に賃貸する目的の物件などの投資用物件の取得資金にはご利用いただけません。
  外国籍の方が【フラット35】をお申込みになる場合は「永住者」または「特別永住者」の資格が必要です。


地方公共団体と住宅金融支援機構が連携

子育て支援や地域活性化について積極的な取組を行う地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による補助金交付などの財政的支援とあわせて、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。

※【フラット35】子育て支援型・【フラット35】地域活性化型を利用する場合には、地方公共団体から「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」の交付を受ける必要があります。

※【フラット35】子育て支援型・【フラット35】地域活性化型には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。 受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイト(www.flat35.com)でお知らせします。また、地方公共団体による補助金の交付等が終了した場合も受付を終了します。補助金の交付等についての詳細は、各地方公共団体にお問合せください。

質の高い住宅なら選択肢が豊富に     リフォーム費用も借入れ可能

省エネルギー性、耐震性などを備えた質の高い住宅を取得する場合に、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。

※【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。受付終了日は終了する約3週間前までにフラット35サイト(www.flat35.com)でお知らせします。

※【フラット35】Sの利用にあたっては、取得する住宅が省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性または耐久性・可変性の基準のうち、いずれか1つ以上の基準に適合する必要があります。

※【フラット35】Sは新築住宅の建設・購入および中古住宅の購入の際にご利用いただけます(【フラット35】借換融資には利用できません。)。

中古住宅の購入資金とリフォーム工事資金をまとめて1つの【フラット35】で借入れできます。性能向上リフォーム(リノベーション)を行う場合には【フラット35】の借入金利が一定期間引き下げられます。

※【フラット35】リノベのご利用にあたっては、【フラット35】および【フラット35】リノベの技術基準に適合することを証明するために、適合証明検査機関による物件検査を受けていただき、適合証明書が交付される必要があります。

※【フラット35】リノベには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。受付終了日は終了する約3週間前までにフラット35サイト(www.flat35.com)でお知らせします。

【フラット35】は、お申し込みになるご本人またはそのご親族の方が居住するための住宅取得にご利用いただくことのできる住宅ローンです。
【フラット35】を第三者に賃貸する目的の物件などの投資用物件の取得資金として利用することはできません。

※ご返済中に、お申込ご本人またはそのご親族の方が実際にお住まいになっていることの確認を行わせていただく場合があります。

※万一、投資用物件の取得資金として【フラット35】を利用した場合は、借入金を一括してご返済いただきます。

あなたのライフスタイルに合わせた
借り方・返し方をお選びいただけます。

【フラット35】なら、夫婦でかしこく借入れOK!

ふたりの年収を合わせて〜収入の合算〜

借入希望額に対してひとりの年収で不足する場合に、ご夫婦の年収を合わせて申し込むことができます。

先々の安心のために〜ご夫婦ふたりの団体信用生命保険「デュエット」〜

1つの保険でご夫婦ふたりを保障する「デュエット」(夫婦連生団信)。ご夫婦どちらかに万一のことがあった場合は、ご夫婦の住宅の持分や返済割合などにかかわらず、以後の【フラット35】の債務の返済が不要となります。先々の安心のためにぜひご検討ください。

親子で【フラット35】を
活用することもできます!

親子のチカラを合わせて〜親子リレー返済〜

お子さまなど、一定の条件を満たす方を後継者として、2世代で返済する制度です。後継者の年齢を基に借入期間を算出するため、借入期間を長くすることができます。また、2世代の年収を合わせて申し込むことができます。

ご親族がお住まいになる住宅

親御さまやお子さまが住むための住宅を取得する場合にも利用できます。
*取扱金融機関によって利用できない場合があります。

中古住宅取得にも【フラット35】を
ご利用いただけます!

中古住宅の購入で

中古住宅を購入する場合にも【フラット35】をご利用いただけます。

中古住宅購入+リフォームをセットで

中古住宅を購入してリフォームする場合にも【フラット35】をご利用いただけます。中古住宅の購入資金とリフォーム工事の資金を1つの【フラット35】でお借入れできます。

【フラット35】リノベはこちら >

短期間の借入れや借換えもOK

短い借入期間でより低い金利での借入れが可能に〜【フラット20】〜

月々の返済に余裕がある場合、借入期間を15年以上20年以下に設定することで、21年以上の場合より低い金利で利用できます。さらに、総返済額も少なくなります。

※【フラット20】とは【フラット35】のうち、15年以上20年以下の借入期間を選択していただく場合をいいます。

※20年以下の借入期間を選択した場合、原則として、返済途中で借入期間を21年以上に変更できません。

※取扱金融機関によっては、借入期間にかかわらず借入金利が同じ場合があります。


住宅ローンの借換えにも【フラット35】をご利用いただけます

住宅ローンの借換えなら、安心の全期間固定金利に借換えできる住宅ローン【フラット35】借換融資がご利用いただけます。将来を見通した長期にわたるライフプランを立てやすくなります。
民間金融機関の住宅ローンからの借換えのほか、【フラット35】や住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫を含みます。)の住宅ローンからの借換えも可能です。

*金融機関の住宅ローンから当該金融機関の取り扱う【フラット35】へ借換えができるかについては、金融機関によって取扱いが異なります。

【フラット35】借換融資はこちら >

【フラット35】4つのメリット

100万組のお客さまの選択

メリット1ずっと固定金利の安心

資金の受取時に、返済終了までの借入金利と返済額が確定します。

※返済中に市中金利が上昇し、その時点の【フラット35】の借入金利が上昇した場合でも、資金受取時に確定した借入金利で返済を継続できます。 ただし、返済中に市中金利が低下し、その時点の【フラット35】の借入金利が低下した場合でも、資金受取時に確定した借入金利で返済が続くことになります。

メリット2多彩なメニューで安心の住まいづくりを応援

お客さまのさまざまな住宅取得のニーズに応えるため

・省エネルギー性・耐震性などを備えた質の高い住宅の取得を支援する【フラット35】S

・中古住宅の取得と性能向上リフォームを支援する【フラット35】リノベ

・地方公共団体と連携した【フラット35】子育て支援型・【フラット35】地域活性化型

などの多彩なメニューをご用意しています。

住宅金融支援機構が定める技術基準に基づく物件検査を実施します。

※物件検査手数料はお客さまの負担となります。
※物件検査手数料は、検査機関または適合証明技術者により異なります。

メリット3保証人不要、繰上返済手数料不要

保証人は必要ありません。
返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合の手数料もかかりません。

※融資手数料、抵当権の設定費用(登録免許税、司法書士報酬など)、
物件検査手数料、火災保険料などはお客さまの負担となります。

メリット4ご返済中も安心サポート

お客さまに万一のことがあった場合に備えて、新機構団信や新3大疾病付機構団信をご用意しています。

多様な返済方法変更のメニューをそろえ、お客さまからの返済のお悩みに対して、事情に合った返済方法をご提案します。

【フラット35】4つのメリットはこちら >

動画でチェック!フラット35劇場

その1 ~35年固定金利~

「プロポーズの言葉は「マイホーム!」」篇

結婚したい2人。両親に挨拶に行くエピソードを通して、ずっと変わらない固定金利の安心を紹介。

その2 ~将来の資金計画~

「家を買って5年、娘はバレエをはじめた。」篇

娘はバレエに夢中。子供も夢も、そして教育費も どんどん大きくなる。だから今、将来を見通して・・。

その3 ~【フラット20】~

「だいじょうぶ!住み替え家族会議」篇

パパにマイホームを決心させた【フラット20】とは? そして、白熱した住み替え家族会議が始まった。

その4 ~親子リレー返済~

「父と一緒に、家を建てる」篇

「おやじ、家を建て替えて一緒に住まないか?」 その一言から、3世代の夢と絆が紡がれてゆく。

その5 ~【フラット35】総集編~

「見通し良好!固定金利」篇

マイホーム取得に際しての3つのリスクとは? 何かが起こるその前に・・全期間固定金利の安心を。

まずは、金利情報とシミュレーションをチェック!