ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問

印刷用ページ

フラット35ホーム > トピックス > 平成28年度 > 【フラット35】リノベ(性能向上リフォーム推進モデル事業)の取扱開始のお知らせ~平成28年10月1日申込受付分から取扱開始~

ページ本文

【フラット35】リノベ(性能向上リフォーム推進モデル事業)の取扱開始のお知らせ~平成28年10月1日申込受付分から取扱開始~

2017年4月1日現在

1 【フラット35】リノベとは

【フラット35】リノベとは、【フラット35】をお申込みのお客さまが、性能向上リフォーム(注)により住宅性能を向上させた中古住宅を取得する場合に、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。
(注)省エネルギー・耐震性等の住宅性能を一定以上向上させるリフォーム工事をいいます。
※【フラット35】リノベは、【フラット】35を活用した性能向上リフォーム推進モデル事業として住宅金融支援機構が独自に実施するもので、中古住宅・リフォーム市場の活性化及び住宅ストックの質の向上を図ることを目的としています(モデル事業とは、本格的な制度の導入に向けて、制度の効果及び有効性を検証するために試行的に実施するものです。)。
本モデル事業の実施に当たっては、制度の効果及び有効性の検証のためアンケートを実施させていただきますので、ご協力をお願いします。

2 【フラット35】リノベの金利引下げプラン

リノベ
ご注意1.【フラット35】リノベのご利用に当たっては、【フラット35】及び【フラット35】リノベの技術基準に適合することを証明するために、適合証明検査機関による物件検査を受けていただき、適合証明書が交付される必要があります。詳しくは「4【フラット35】リノベをご利用いただくための住宅の条件」をご覧ください。
2.【フラット35】リノベは、お客さまが中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合、または、住宅事業者により性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合にご利用いただけます(住宅の建設、新築住宅の購入及び借換えの際には利用できません。)。利用手続は「5【フラット35】リノベの利用手続の流れ」をご覧ください。
3.【フラット35】リノベは、【フラット35】Sとの併用はできません。
4.【フラット35】リノベ(金利引下げ幅年▲0.6%)には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイト(www.flat35.com)でお知らせします

3 【フラット35】リノベの毎月の返済額・総返済額の試算

 【試算例】借入額3,000万円(融資率9割以下)、借入期間35年、元利金等返済、ボーナス返済なし、 借入金利年0.93%※の場合 ※平成28年7月において返済期間が21年以降35年以下、融資率9割以下の場合で取扱金融機関が 提供する最も多い【フラット35】の金利
リノベ返済額

4 【フラット35】リノベをご利用いただくための住宅の条件

【フラット35】リノベをご利用いただくためには、次の(1)及び(2)の要件を満たす必要があります。
(1)【フラット35】リノベの技術基準を満たす「性能向上リフォーム」を行うこと。
ご注意1.リフォーム工事前に適合していない基準について、リフォーム工事により適合させることが要件になります。
2.既存の住宅部分の全部を取り壊す改築工事(全部改築工事)を行う場合は、【フラット35】リノベの
対象外となります。
(2)「中古住宅の維持保全に係る措置」を行うこと。
ご注意「中古住宅の維持保全に係る措置」がとられていることを、適合証明検査機関による適合証明検査に
おいて確認します。

5 【フラット35】リノベの利用手続の流れ

【フラット35】リノベの物件検査は平成28年8月1日から受付を開始します。物件検査手続の詳細については、こちらをご覧ください。

6 【フラット35】リノベのご案内チラシ

7 【フラット35】リノベの対象となる方

次の1及び2の要件を満たす方が対象となります。
1.【フラット35】リノベの受付期間中に【フラット35】リノベの取扱金融機関に借入申込みを行った方
2.【フラット35】及び【フラット35】リノベの技術基準等に適合していることを証明する「適合証明書」を申込先の金融機関へ提出された方(「適合証明書」は資金の受取前までにご提出いただく必要があります。)

※取扱金融機関または住宅金融支援機構の審査によっては、お客さまのご希望にそえない場合がありますので、ご了承く
ださい。
照会先

平成28年度に戻る

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら別ウィンドウで表示

ページ先頭へ