ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問

印刷用ページ

フラット35ホーム > 【フラット35】を借りる > 【フラット35】のご案内 > 【フラット35】の技術基準

ページ本文

【フラット35】の技術基準

住宅を建てる場合には、国が定めた最低基準「建築基準法」に適合させる必要がありますが、フラット35住宅は、住宅金融支援機構において技術基準を定め、物件検査を受けていただいています。併せて建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しています。

※ 物件検査に当たっては、物件検査手数料が必要で、お客様のご負担となります。
※ 物件検査手数料は、適合証明機関によって異なります。

フラット35住宅技術基準の例(新築住宅)

木造住宅の場合

床下防湿のための工夫

住宅が長持ちするように工夫します。

基礎の上にある木材(土台)を床下の湿気や、雨水の跳ね上がりなどの水から守るため、

  • 基礎の地面からの高さを40cm以上とし
  • 床下防湿のための工夫

をします。

技術基準・検査ガイドブックのご案内
技術基準・検査ガイドブック
本ガイドブックは、フラット35・フラット35Sの技術基準・物件検査について、主に一戸建ての新築住宅を対象に、わかりやすく解説したものです。
是非ご参照ください。

マンションの場合

管理組合による適切な維持管理

マンションは共同生活の場であり、管理組合が適切に維持管理をしていくことが大切です。

このため将来のマンションの修繕に備えて

  • 20年以上の長期修繕計画
  • 管理規約を準備します。

技術基準の概要を見る【リンク】

物件検査(新築住宅)

専門家の物件検査

第三者である検査機関(適合証明検査機関)所属の建築士資格を持っている専門家が、あなたのお住まいがフラット35住宅技術基準に適合しているか検査を行います。

併せて建築基準法に適合していることを証する「検査済証」が交付されていることを確認します。(建築基準法違反物件にはご融資できません。)

詳しく知りたい方はこちら【リンク】

フラット35】Sとは

満足できる住まいづくりイメージ

さらに、省エネルギー性能、耐震性能などについて一定レベルの基準を満足している住宅(【フラット35】S)については、住宅ローンの金利を低くして、皆様の満足できる住まいづくりを応援しています!

お客様の夢のマイホーム 少しだけでも住まいの性能にこだわって、より満足できる住まいにしませんか?

わかりやすい解説を見る【リンク】

【フラット35】のご案内に戻る

ページ先頭へ