ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問

印刷用ページ

フラット35ホーム > 【フラット35】を借りる > 【フラット35】のご案内 > 【フラット35】ご利用時の手続き > 新築住宅を購入する場合の手続の流れ

ページ本文

新築住宅を購入する場合の手続の流れ

【フラット35】の一般的な手続の流れをご紹介します。物件検査の申請と借入れのお申込みの順序は問いません。ただし、物件検査に合格しても、取扱金融機関の融資審査またはローンを買取る住宅金融支援機構の買取審査の結果によっては、ローンのご利用のご希望にそえない場合がありますので、ご了承ください。

※期間は目安です(進捗期限ではありません。)。

新築住宅を購入する場合の手続の流れ

設計検査の申請・合格

事業主等が検査機関に設計検査の申請を行います。
新築住宅物件検査申請書式ダウンロード(一戸建て等)
新築住宅物件検査申請書式ダウンロード(共同建て)

合格の通知をもらいます。

↓
着工
↓
借入れのお申込み
  • お客さまから【フラット35】の取扱金融機関へ借入れのお申込みをしていただきます。
↓
審査結果のお知らせ
(お申込みから1~2週間程度)

取扱金融機関からお客さまへ審査結果のご連絡が来ます。

↓
中間現場検査の
申請・合格

工事の途中で事業主等が検査機関に中間現場検査の申請を行います。
新築住宅物件検査申請書式ダウンロード(一戸建て等)
検査後、合格の通知を受取ります。

※マンションの場合、この手続は不要となります。
↓
竣工
↓
竣工現場検査の申請・合格(適合証明申請・適合証明書の交付)

竣工後、事業主等が検査機関に竣工現場検査の申請を行います。
新築住宅物件検査申請書式ダウンロード(一戸建て等)
新築住宅物件検査申請書式ダウンロード(共同建て)
合格すると適合証明書が交付されます。

↓
融資のご契約・資金のお受取・登記・抵当権設定

お客さまは事業主等から適合証明書を受取り、取扱金融機関に提出してください。お客さまと取扱金融機関との間で融資のご契約を行っていただき、資金のお受取となります。同時に抵当権設定手続も行っていただきます。

↓
ご入居

上記の手続のほか、物件検査の一部を省略できる場合があります。

ページ先頭へ