[本文へジャンプ]

住宅ローンを返済する「元利均等返済」と「元金均等返済」の2つの方法について、それらの特徴をご紹介します。
返済終了までを見据え、収入・支出の見込みや定年・退職の時期などを考慮した返済方法や返済期間をご選択ください。
■元利均等返済とは
 毎月お支払いいただく返済額が一定となる返済方法です。

■元金均等返済とは
 毎月お支払いいただく返済額のうち、元金の額が一定となる返済方法です。

元利均等返済と元金均等返済の特徴

  メリット デメリット
元利均等返済
  • 返済額(元金+利息)が一定のため、返済計画が立てやすくなります。
  • 元金均等返済に比べて、返済開始当初の返済額を少なくすることができます。
  • 同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなります。
  • 借入金残高の減り方が遅くなります。
元金均等返済
  • 返済額(元金+利息)は返済が進むにつれ少なくなっていきます。
  • 元利均等返済に比べて、元金の減少が早いため、同じ返済期間の場合、元利均等返済よりも総返済額は少なくなります。
  • 返済開始当初の返済額が最も高いため、当初の返済負担が重く、借入時に必要な収入も高くなります。

元利均等返済と元金均等返済の比較(参考)

●借入額 2,000万円 ●固定金利 年1.5% ●返済期間30年

  毎月返済額 元金部分 毎月返済額
に占める
元金割合
利息部分 毎月返済額
に占める
利息割合
借入金残高
1年目
(12回目)
69,024 44,634 64.7% 24,390 35.3% 19,468,058
5年目
(60回目)
69,024 47,392 68.7% 21,632 31.3% 17,258,727
10年目
(120回目)
69,024 51,081 74.0% 17,943 26.0% 14,304,092
15年目
(180回目)
69,024 55,056 79.8% 13,968 20.2% 11,119,489
20年目
(240回目)
69,024 59,342 86.0% 9,682 14.0% 7,687,015
25年目
(300回目)
69,024 63,960 92.7% 5,064 7.3% 3,987,379
合計A 24,848,426 20,000,000 4,848,426

※試算結果の数値は概算です。

  毎月返済額 元金部分 毎月返済額
に占める
元金割合
利息部分 毎月返済額
に占める
利息割合
借入金残高
1年目
(12回目)
79,791 55,555 69.6% 24,236 30.4% 19,333,340
5年目
(60回目)
76,457 55,555 72.7% 20,902 27.3% 16,666,700
10年目
(120回目)
72,291 55,555 76.8% 16,736 23.2% 13,333,400
15年目
(180回目)
68,124 55,555 81.5% 12,569 18.5% 10,000,100
20年目
(240回目)
63,957 55,555 86.9% 8,402 13.1% 6,666,800
25年目
(300回目)
59,791 55,555 92.9% 4,236 7.1% 3,333,500
合計B 24,512,368 20,000,000 4,512,368

※試算結果の数値は概算です。

合計A-合計B 336,058