[本文へジャンプ]

1 返済期間(20年まで、21年以上)に応じた融資金利を設定します。

(1) 概要

現下の金利情勢を前提にした場合、返済期間を20年までの場合の融資金利は、返済期間21年以上の場合より、低い水準となります。

※ 実際に適用される融資金利は、資金お受取り時の金利情勢や金融機関によって異なります。
※ 【フラット35(保証型)】では、現在のところ返済期間に応じた融資金利の設定を行っている金融機関はありません。

(2) 適用日

平成19年10月1日以降に資金をお受取りになる方から適用になります。

詳しくはこちら

2 ご利用条件を簡素化します。

(1) これまでのご利用条件

  1. フラット35の毎月のご返済額の4倍以上の月収があることを確認します。
  2. 1に加えて、年収に占めるすべてのお借入れ※の年間合計返済額の割合(=総返済負担率)が次の基準以下であることを確認します。

年収

300万円未満

300万円以上
400万円未満

400万円以上
700万円未満

700万円以上

基準

25%

30%

35%

40%

(2) 平成19年10月1日以降のお申込みからのご利用条件

上記1の確認を不要とします。また2の基準を4区分から2区分とします。これにより、総返済負担率が次の基準以下であることのみの確認となります。

年収

400万円未満

400万円以上

基準

30%

35%

※ すべてのお借入れとは、【フラット35】による借入れのほか、【フラット35】以外の住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、カードローン(クレジットカードによるキャッシングや商品の分割払い・リボ払いによる購入を含みます。)などの借入れをいいます。

詳しくはこちら

平成19年10月以降の条件でのシミュレーション「らくらく診断」はこちら

3 【フラット35】S(第2回受付)を開始します。

(1) 【フラット35】Sの概要

【フラット35】S(優良住宅取得支援制度)とは、【フラット35】をお申込みのお客様が、省エネルギー、耐震などの要件を満たす住宅を取得される場合に、当初5年間の融資金利について、0.3%の金利の引下げを受けることができる制度です。

(2) 【フラット35】S第2回受付期間

第2回受付は、平成19年10月1日から平成19年12月28日までです。

※ 受付終了日は年末となりますので、お申し込みにあたっては、お早めに金融機関にご相談ください。
第2回受付の終了により、平成19年度【フラット35】Sの受付は終了となります。

詳しくはこちら