ページトップ

[本文へジャンプ]

印刷用ページ

フラット35ホーム > よくある質問 > 【フラット35】借換融資について > 借換えの場合、団信及び火災保険の取扱いはどうなりますか。

ページ本文
【フラット35】借換融資について

借換えの場合、団信及び火災保険の取扱いはどうなりますか。

団信

お借換えの対象となる住宅ローンに付帯されていた団体信用生命保険の保障は、ローンのお借換えにより終了しますので、借換融資について機構団体信用生命保険特約制度別ウィンドウで表示の加入を希望される場合は、改めて加入のお申込みが必要です。また、審査の結果、ご加入いただけない場合があります。

※機構団信特約制度をご利用いただいている方が借換え等により住宅ローンを完済された場合の、既にお支払済みの特約料の返戻については、次のとおりです。

 (1)完済日が平成25年6月30日までの場合の取扱い
    住宅ローンを完済されたことにより機構団信特約制度から脱退された場合は、
    既にお支払済みの特約料について返戻はありません。

 (2)完済日が平成25年7月1日以降の場合の取扱い
    住宅ローンを完済されたことにより機構団信特約制度から脱退された場合は、
    既にお支払済みの特約料のうち、未経過の保障月数に相当するものとして
    機構が定める金額を返戻します。
    ただし、脱退時期によっては返戻できない場合があります。
 


火災保険

現在付保している火災保険(火災共済を含む。)が、【フラット35】の火災保険の要件を満たす場合には、そのまま継続していただくことができる場合がございます。詳しくは、取扱金融機関にご確認ください。

【フラット35】借換融資についてに戻る

ページ先頭へ