[本文へジャンプ]

  • ホーム
  • よくある質問
  • 【フラット35】リノベについて
  • 省エネルギー性能を向上させるリフォーム工事を行うことにより【フラット35】リノベを利用する予定の住宅で、既存の断熱材をそのまま使う部分があるが、断熱材の種類等が特定できない。断熱性能に関する計算はどのように行えばよいか。

省エネルギー性能を向上させるリフォーム工事を行うことにより【フラット35】リノベを利用する予定の住宅で、既存の断熱材をそのまま使う部分があるが、断熱材の種類等が特定できない。断熱性能に関する計算はどのように行えばよいか。

Q&A番号:81506

長期優良住宅化リフォーム推進事業と同様の取扱となります。
同事業のホームページ内Q&Aに、断熱材の分類(繊維系、発泡プラスチック系)しか分からない場合、断熱材の種類(グラスウール、ロックウールなど)まで判別できる場合などの取扱が掲載されていますのでご参照ください。

平成28年度長期優良住宅化リフォーム推進事業ホームページ

このよくある質問は、役に立ちましたか?