[本文へジャンプ]

適合証明(物件検査)の申請はどこに行うのですか。

Q&A番号:05689

【フラット35】をご利用いただく際には、購入される住宅が機構の定める技術基準に適合していることについて、検査機関(※1)または適合証明技術者(※2)による適合証明(物件検査)を受けていただくことになります。なお、手数料はお客様のご負担となります。また、手数料は、検査機関または適合証明技術者によって異なります。


※1 検査機関とは、住宅金融支援機構と協定を締結している指定確認検査機関または登録住宅性能評価機関です。
※2 適合証明技術者とは、住宅金融支援機構と協定を締結している(社)日本建築士事務所協会連合会および(公社)日本建築士連合会に登録した建築士です。

・適合証明(物件検査)の申請先については、こちらをご覧ください。
・申請時に必要な適合証明申請書などについては、こちらからダウンロードすることができます。

※ 中古マンションの場合、適合証明(物件検査)の手続きを省略できる場合があります。詳しくは、(よくある質問)適合証明(物件検査)の手続きを省略できる場合はありますか。をご覧ください。

このよくある質問は、役に立ちましたか?