[本文へジャンプ]

勤労者財産形成持家転貸融資の新築資金(建設)

次の要件を満たす場合は、フラット35の物件検査を全部省略することができます

物件検査を省略できる住宅 平成19年3月31日までに、財形転貸融資の工事審査(設計審査、中間時現場審査及び竣工時現場審査の全て)に合格した住宅
適合証明書の代わりに金融機関へ提出する書類 財形転貸融資の「竣工時現場審査に関する通知書(写)」