[本文へジャンプ]

公開日:2017年2月22日

ご注意

<平成29年2月22日>
(1)平成29年3月末で【フラット35】S(金利Aプラン)のトップランナー基準は廃止となります。
(2)平成29年3月31日までに交付された「住宅事業建築主基準に係る適合証」は、4月1日以降も【フラット35】S(金利Aプラン)の要件確認書類として利用可能です。

新築住宅の場合

「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」に基づく「住宅事業建築主の判断の基準」に適合する住宅※(1戸建てに限る)
※「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」に規定する登録建築物調査機関が交付する「住宅事業建築主基準に係る適合証」の交付を受けた住宅です。


基準への適合を確認する方法として(一財)建築環境・省エネルギー機構ホームページ「住宅事業建築主の判断基準」コーナーに掲載の算定用WEBプログラムを用いることができます。

「住宅事業建築主の判断の基準」に適合する代表的な仕様:国土交通省[2ページ]

中古住宅の場合

新築時に新築住宅の場合の条件を満たし、かつ、新築時の建設された状態から変更のないこととします。